2010/03/05

作品紹介:高田健介「E-YABUMi」

はじめまして。
首都大学東京システムデザイン学部
インダストリアルアートコース3年の大門です。


今回は渡邉スタジオ4年の高田健介さんの作品「E-YABUMi」を紹介したいと思います。


この作品は、iPhone上で動く アプリケーションです。
位置情報と結びついたコミュニケーションツールとして開発されています。




「矢文」をモチーフに
iPhoneのタッチパネル機能を使って自分のいる地点から、矢を放ち
手紙を空間上に配置できま す。













その手紙は、矢文が落ちた地点の近くにいる人なら誰でも、
アプリを使って読むことができま す。
また、地図上でメッセージの一覧を確認することも可能です。

















このアプリを使うことに よって、新しいコミュニケーションの形が生まれたり
そこから新たなエンターテイメントに発展したりする可能性をもった作品です。
特設サイトもありますので、こちらも合わせてご覧下さい。
http://yabumi.mapping.jp/


展示期間中、本人が会場に居る時はiPhoneを使って実際に体験することもできます。


0 コメント: