2010/03/12

作品紹介:小木梨沙帆「the Weeping Witch」

今回は串山研究室、小木梨沙帆さんの作品「the Weeping Witch」を紹介したいと思います。




この作品は、仕掛け絵本をコマ撮りして製作されたショートアニメーションです。
仕掛け絵本と映像の両方を楽しむ事が出来ます。
『the Weeping Witch』とは、”嘆き悲しむ緑の魔女”という意味で
「泣いた赤おに」という物語を原案とした、オリジナルストーリーで構成されています。



仕掛け絵本では
まるで異世界に入り込んだかのように
臨場感たっぷりの物語を読む事ができます。

映像は、仕掛け絵本をコマ撮りして製作されており
登場人物たちの舞台上での演技を見るようにして
ストーリーの細かな部分まで感じることができます。



また、絵本に出てくるパペット(クレイ人形)を実際に触りながら
お人形遊びの感覚で物語を楽しむ事もできます。



絵本と映像、その相互作用によって伝わる
ストーリーの感動や、登場人物の魅力ある物語を
ぜひ会場に体感しに来て下さい!


(大門礼佳)

0 コメント: